メインメニュー

サブメニュー

印鑑登録と印鑑証明

「家や土地を買う」「車を買う」など大きな買い物をするときの契約時に必ず必要になる【印鑑】。印鑑は単なる道具というよりは、自分自身を証明する大切な存在です。といっても、印鑑だけがあればいいというわけではありません。重要な時にちゃんと自分を証明できるように、その印鑑を「印鑑登録」しておく必要があります。印鑑登録とは、印鑑を用いて個人や法人を証明する制度のことをいいます。そして、印鑑登録をしたことを証明するものを「印鑑証明書」、印影と登録者の個人情報(住所・氏名・生年月日・性別)を記載したものを「印鑑登録証明書」といいます。

印鑑登録はおのおの自分の住んでいる市町村の自治体に従って手続きをおこないます。しかし、どんな印鑑でもいいというわけでもありません。登録できないものをあげると、印影が不鮮明のもの、変形や破損しやすいもの、すでに他の人が登録しているものなどの条件があるので、手続きする際はよく確認しましょう。特に気を付けたいのは「三文判」です。三文判とは、大量生産され同一の物が大量に出回っている印鑑のことをいいます。

一般的に三文判は印鑑登録用には不向きと思われがちですが、自治体によっては三文判でも登録が可能な場所もありますから問い合わせてみるといいかも知れません。印鑑登録は面倒な手続きですが、これをしておけば、いざ印鑑証明書がなければ手続きができないという事態になった時でも、住所地の役所で交付してもらえるので安心です。

 

○特集
三文判から本格的な印鑑まで何でも取り扱っている老舗の印鑑専門ショップです >>> 印鑑専門ショップ